里山里海アクティビティとは

田の神様に祈り感謝する農耕儀礼「アエノコト」をはじめ、独自の風土・文化が息づく能登半島。
しかし、多くの農山村地域と同じく過疎高齢化が進み、
集落機能の弱体化、里山里海の荒廃が大きな課題となっています。

一方で、日本の都市部では自然志向、田舎への憧れ、食への関心など、
農山村地域へのさまざまなニーズが高まっています。
そんな都市のニーズを能登に呼び込み、交流活動を通じて地域活動を活発化し、
都市と能登が一緒になって、持続可能社会の能登モデルをつくろう、という試みが
「里山里海アクティビティ」です。

※ ユネスコ無形文化遺産(2009年登録)

ミッション

ミッション1

里山里海をキーワードにした教育・研究活動、NPO活動、企業の社会貢献・CSR活動など交流活動の拡大

ミッション2

里山里海資源を活用したアグリビジネス、ツーリズムなど、内発的な地域ビジネスの創出

プロジェクトのしくみ

プロジェクトのしくみ図
協働ディレクター 水口亜紀

青年海外協力隊として西アフリカで活動後、
東京でCSRレポートの企画制作に従事。
地域の人たちと一緒に、能登の元気を創ろうとUターン。

運営体制

プロジェクトでは実行委員会を組織し、事務局を能登に設置しています。

事務局には地域外と能登をつなぐディレクターが常駐し、
受入れ地域には、住民とともに活動する
地域コーディネーターを配置。
ボトムアップで地域の活動を促進しながら、
実行委員会と金沢大学のネットワークを有機的につなぐ
重層的な体制が特徴です。

実行委員会

アクティビティの流れ

事務局が地域内外のニーズを集めて、マッチングを行い、
さまざまなアクティビティを構築します。
ポイントは、顔の見える交流。
地域内外がともに学びあえる関係づくりを目指します。

アクティビティの流れ図