地域連携推進センターとは

「大学」と「地域」の架け橋へ。

金沢大学は、「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」として「教育」と「研究」、「社会貢献」を使命としています。金沢大学は、この使命を達成することを通じて21世紀の時代を切り拓き,世界の平和と人類の持続的な発展に寄与することを目指しています。
金沢大学地域連携推進センターは,上記の3つの使命のうち社会貢献を担う役割を期待されています。そのために、大学の有する人的・物的資源を活用し,地域社会との連携を推進します。金沢大学の地域連携事業では、総合大学にふさわしいグローバルな視点を持ちながら地域の課題解決に取り組んでいます。こうした目的を達成するために、金沢大学地域連携推進センターは、大学教育開放センターと社会貢献室を統合して、平成20年4月1日に設置されました。
センター外観