五箇山相倉の伝統行事「春祭り」に参加

地域連携事業

4月20日,富山県南砺市相倉において開催された春祭りに金沢大学が参加しました。

金沢大学は,平成28年4月に世界遺産である五箇山相倉合掌造り集落内に五箇山セミナーハウスを開所し,さまざまな活動に利用してきました。地区の新たな一員となった金沢大学は,開所以来はじめてとなる相倉地区の伝統行事「春祭り」に参加し,地域のみなさんとの交流を深めました。

当日は相倉地区の山崎区長宅で地域のみなさんと親睦を深めると同時に,五箇山の歴史や現在の様子などのお話を伺いました。
また,今後金沢大学がどのようにセミナーハウスを活用し地域に馴染んでいくべきか,たくさんのご意見をいただき,本学の今後の五箇山相倉での活動のあり方を改めて考える有意義な時間になりました。

夕食後は集落内の神社で行われる獅子舞を見学。夜遅い時間にも関わらず多くの方々が神社に集まり,間近で演舞を楽しみました。金沢大学長からの御祝いに御礼口上をいただいた後には,獅子が迫力ある勇ましい舞を披露しました。

本学は引き続き,相倉地区のみなさんのご協力をいただきながら,地区の一員として,学生を中心に深く地域に根付いた活動をしていきたいと決意を新たにしました。