Share金沢で学生による写真ワークショップを開催

地域連携事業 学生活動

社会福祉法人「佛子園」が運営する「Share金沢」(金沢市若松町)にて、金沢大学の学生が企画する写真ワークショップ “いいとこ撮り -最高の表情を引き出す方法-” を開催しました。
このイベントは,金沢大学国際学類4年生で写真家としても活動中の大木 賢さんを中心に,金沢大学の学生が実施する全2回の写真ワークショップです。

 
◆第1回 10/7(土) 五箇山和紙写真館 (出張写真館) 
写真家から「最高の表情」を撮影してもらい,その場で五箇山和紙にプリントする撮影イベント。

参加者は,講師やほかの参加者からの声掛けに合わせてポーズや表情を変えて撮影を行いました。
はじめは恥ずかしそうにしていた方も,コミュニケーションをかわすうちに緊張がほぐれ「最高の表情」を写真に収めることができました。
また,五箇山和紙に印刷したノスタルジックで優しい写真の仕上がりには,皆さん満足した様子でした。

この日は予定していた定員を上回る参加があり,大盛況のうちに終了しました。

  

 
◆第2回 10/22(日) いいとこ撮り (ワークショップ) 
参加者同士で交流しながら,お互いに最高の表情を撮りあうワークショップ。

ランダムでペアをつくり,決められた時間内で思い思いの声掛けを交えて撮影しあいました。
撮影後は相手の「いいとこ」が一番うまく表現できた写真を選んで発表し,発表作品の中からもっとも最高の表情がひきだせている写真を投票で決定しました。
参加者は,投票で選ばれた写真の撮影の様子をビデオで振り返りながら,講師の大木さんによる講評と解説を聞いて「なるほど」「やってみるとなかなか難しい」と感心しきりでした。

ワークショップ終了後には参加者全員で記念撮影も行い,和気あいあいとしたイベントになりました。