Share金沢であざみ色朗読隊が朗読会を開催

地域連携事業 学生活動

11月19日,高齢者や障がい者,学生たちがともに暮らす街「Share金沢」にて金沢大学あざみ色朗読隊が朗読会を開催しました。

金沢大学あざみ色朗読隊は,地域連携推進センター学生プロジェクト「金沢大学放送局web-KURS」のアナウンス部で結成され,これまでも金沢大学サテライト・プラザや附属病院,金沢海みらい図書館,Share金沢で朗読会を行っています。
今回は「食べ物」にまつわるお話を集め,食欲の秋と読書の秋を同時に楽しめる朗読会「あざみ色食堂」を開催しました。

食べ物にまつわる作品を朗読することから,学生らはエプロンを着用。『カレーライス』,『つるバラ村のレストラン』,『じゃがいもレストランへいらっしゃい』など,聴いていると思わずお腹がすいてくるような6作品から11のお話を朗読しました。

会場には子どもから年配の方まで約30名が訪れ,配布されたおしながき(作品紹介)を手に,朗読に聴き入りました。