学生チャレンジ事業

地域連携推進センターでは、キャンパスや地域をフィールドに、学生のアイディアにより地域を活性化する学生チャレンジ事業を,平成24年度から実施しています。学生が企画する事業について優秀と認めたものに対して、活動費の一部助成やアドバイスを実施することにより、学生による地域連携事業を応援しています。

<平成27年度>
学生チャレンジ団体が決定しました。採択団体は下記の2団体です。

  • 1位 : 「足湯による地域の見守り寄り添い事業」 能登見守り・寄り添い隊「灯」
  • 2位 : 「学生と農家たちの連携による河北潟活性化 プロジェクト」 かたベジ
  • です。


これまでの学生チャレンジ事業採択プロジェクト

hikyaku

石川トランプ

<平成26年度>

  • 地域資源を活かした能登島活性化事業
  • 第2回 金沢アートキャンパス – kanazawa art campus –
  • 金大祭における【金沢和傘×プロジェクションマッピング】
  • 石川トランプ 金沢大会および県内他自治体での大会開催
  • アヂチ谷における金沢大学農園としての里山の活用

 
 


ここちカフェ

ここちカフェの様子

<平成25年度>

  • 小水力発電による白山市白峰「雪だるま祭り」のライトアップと再生可能エネルギーの普及促進
  • 「聞き書き」を活かした学生主体の全人的ケアコミュニティ拠点「ココチカフェ」
  • 能登の里山と観光資源の再生「碁石ヶ峰クラフトマーケット開催における交流人口の創出」
  • 金沢アートキャンパス- kanazawa art campus –
  • 金蔵ブランディング ―地域活性化と大学生の実践スキル獲得―
  • 過疎地域商店街における障がい者の居場所づくりと地域の活性化(門前たまり場プロジェクト)
  • 町並み模型づくりを通じた地域交流とまち案内による地域の魅力再発見プロジェクト

ストキャン

ストリートキャンパスinタテマチ

<平成24年度>

  • 地域と学生による新しい「祭り」を通じた地域活性化
    「金沢大学ストリートキャンパス in タテマチ」 -金沢大学放送局web-KURS-
  • 被災地から地域防災を考える~金沢と陸前高田を繋ぐしくみ~