コンテンツによる地域活性化

コンテンツによる地域活性化の取り組み

金沢湯涌温泉にて開催される「湯涌ぼんぼり祭り」には,アニメファンを中心とし毎年7,000人以上が集まっています。金沢大学では2011年からその運営に協力するとともに,「湯涌ぼんぼり祭り」を先進的事例として取り上げシンポジウムを開催しています。「湯涌ぼんぼり祭り」から始まったこの取り組みですが,アニメやゲームといった日本のポップカルチャー,コンテンツが地域,日本のみならず世界の地域活性化にどうつながっていくか模索していきます。

2011年度

2011_contents金大祭において,”アニメーションが地域にもたらすもの”と題して講演会を開催。

  • 第一部 基調講演 「アニメ・コンテンツと地域活性化」ピーエーワークス  専務取締役 菊池宣広
  • 第二部 パネル討論「地域のために、どうアニメ・コンテンツを活用するか」

報告書はこちら

 

 


2012年度 第1回リアル・ワールド・コンテンツミーティング

2012_contents

  • 第一部 シンポジウム「コンテンツによる地域活性化Ⅱ」
    ~「コンテンツ」と「地域」と「ユーザ」が共存するために~
  • 第二部 「湯涌から湯乃鷺へ」~アニメの背景美術と現実世界を考える~
  • 第三部 「湯涌夜会塾」
    ~クリエイターから学び、コンテンツを考える~

 

 


2013年度 第2回リアル・ワールド・コンテンツミーティング

2013_contentsしいのき迎賓館にて,”世界に広がるコスプレ文化と地域活性化を考える。”をテーマにシンポジウムを開催。

  • 第一部  日本コスプレ委員会,大阪市住之江区長,大須商店街連盟,金沢大学留学生による事例報告
  • 第二部  パネルディスカッション

報告書はこちら

 


2014年度 アニソンライブ&花咲くいろは聖地巡礼ツアー

第4回湯涌ぼんぼり祭りと同時開催で、本学体育館にてアニソンライブ「ジョイントフェスティバルin北陸@金沢大学」(主催:ジョイントフェスティバルin北陸 @金沢大学 実行委員会)を開催した。また、翌日、留学生を対象に、「花咲くいろは」の聖地を巡礼し、日本のアニメ文化を体験するツアーを開催。参加留学生は、アニソンライブ、ぼんぼり祭り、聖地巡礼ツアーに参加した感想を、SNSを使って母国に発信した。