このプログラムは国立大学法人金沢大学とパートナー自治体(石川県、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)によって実施されています


能登の世界農業遺産、次の5年をどう迎えるか

前回は、世界農業遺産に認定されて5年たち、これから能登の里山里海を次世代に受け継いでいくために必要なことについて、これまでお話しさせていただきました。   もう一つ、農水省による世界農業遺産「能登の里山里海」の … more


あらためて、世界農業遺産とは何なのか

先月は世界農業遺産認定5周年を迎えて、能登の取り組みが農林水産省の専門家会議によって外部評価を受けたお話しをしました。評価結果は「能登の里山里海GIAHSアクションプラン」の一部として、県のホームページ(「能登の里山里海 … more


世界農業遺産『能登の里山里海』認定から5周年

6月11日。 5年前の中国・北京で行われた国際会議で、能登が先進地で初めての「世界農業遺産」に登録された日です。先月、登録から5周年を迎えました。能登にとっての世界農業遺産とは一体何なのか、市民も、行政も、そして大学も、 … more


伝統文化の継承のカギ - 「参与観察」

       2回に渡って伝統文化保存の事例を紹介してきました。グローバリゼーションによる外国文化の流入、自然災害、過疎高齢化、少子化など、様々な要因により、地域における伝統文化は弱体化に向かっています。様々な … more


「須受(すず)八幡宮薪(たきぎ)能(のう)...

前回は、震災復興の原動力となった石巻市の「雄勝法印神楽」の保護活動を紹介しました。今回は珠洲市正院町の「須受八幡宮薪能」をめぐる課題と復活の可能性についてお話します。 須受八幡宮の神事能は鎌倉時代に端を発し、江戸時代には … more


地域復興の原動力としての伝統文化

能登半島では、一年に400以上の祭りなどの伝統行事が行われていることをご存知でしょうか。また、生活風習、食文化、方言、信仰などの慣習や、道徳、宗教、政治、経済などにおいても、能登には独特な文化が存在します。 しかし、近年 … more


耕作放棄地を地域ビジネスの「実験場」に

植物生態学者の稲垣栄洋さん(静岡大学教授)は、著書「地域の植生管理」(農文協)のなかで、耕作放棄地を地域の「余力」ととらえて前向きな発想で活かすことを提案しています。地域全体を一つのチームと考えたとき、グラウンドでプレー … more


耕作放棄地を害虫の天敵の供給地として活かす

地域として耕作放棄地を活かす第一歩は、害虫の発生源としてのマイナス面を無くすことでした。今月は、農業にとってさらにプラスとなる耕作放棄地の活用を考えてみましょう。 ヨーロッパの農村では、農地の周辺に花を植えることがありま … more


耕作放棄地と斑点米カメムシの話

先月は耕作放棄地を植林地として活用する試みを紹介しました。耕作放棄地は我が国の農耕地面積の約1割を占め、無視できない存在となっています。耕作放棄地が解消され、作物が栽培されるようになれば、それ以上に良いことはありません。 … more


「お茶炭の森づくり」がもたらすもの

「能登里山里海マイスター」講座に携わる魅力の一つは、受講生の卒業研究を通じて、多様な発想に触れることができる点です。ユニークな事業化の視点に感銘を受けることが多々あります。 大野長一郎さん(東山中町)の「お茶炭の森づくり … more