このプログラムは国立大学法人金沢大学とパートナー自治体(石川県、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)によって実施されています

第7回 里山里海と福祉・健康

日時:2017年7月15日(土)9:30~17:00

場所: 能登学舎、珠洲市文化芸術交流拠点施設「文藝館」

講義:「はじめよう 農福連携!~全国で広がる農業分野での障害者就労」
講師:農林水産政策研究所主任研究官 小柴 有理江 氏

話題提供:
・「輪島KABULETのとりくみ」
———講師:竹中成行さん(里山里海4期修了生)
・「自然栽培の里@のとの取り組みと福祉の連携」
———講師:小島友紀さん(里山里海2期修了生)
・「メンタルヘルスプログラムと里山農業(仮)」
———講師:足袋抜豪さん(里山里海3期修了生)
・「珠洲市が目指すヘルスツーリズム」
———講師:佃菜穂さん(里山里海4期修了生)

実習:
・「りふれっしゅ村鉢ヶ崎内「クアの道」でのクアオルト体験」
講師:加藤 美紀氏(アンサール・カトウ代表、健康運動指導士・インストラクター)

その他
・能登GIAHS調査実習ガイダンス
・卒論テーマ報告会に向けた、担任別グループ相談会

概要:

近年注目されてる、農業の持つ福祉力に着目した「農福連携」「ヘルスツーリズム」について、実践現場をよく知る方々から可能性と課題について伺い、能登の地域づくりに活かす道を探った。

午前中は農福連携をテーマに講義と話題提供を行った。冒頭に小柴氏から、障がい者にとっての農業のもつ価値、農業サイドから見た障がい者への期待を整理した上で、実際の農福連携の事例を動画も交えて紹介した。農福連携を通じて、それぞれの収入がアップするほか、障がい者にとって「ありがとう」と言われる機会が増えることでやりがいが生まれるなど、相互の課題が解決されることを示した。農福連携の拡大とさらなる発展には、福祉と農業の接点となる「はじめの一歩」になる交流機会が重要であること、農業サイドと福祉施設サイドをつなぐコーディネーターの役割の重要性を指摘した。

次に能登で農福連携を実践するマイスター修了生からの話題提供があり、七尾市を中心に活動する農業グループ「自然栽培の里@のと」の小島氏が、自然栽培ならではの手間をかけることを重視した農福連携の実践事例を紹介したほか、農福医連携の場作りへの展望を示した。輪島カブーレ(社会福祉法人佛子園)の竹中氏は、就労継続支援A型事業として農園で栽培した野菜を利用した配食サービスや、伝統産業である輪島塗に不可欠なウルシ再生活動につながる、ウルシ染めストールの製作事業などを紹介した。

午後は里山とヘルスツーリズムをテーマに実習と話題提供を行った。まず、加藤氏指導のもと「クアの道 鉢ヶ崎里海コース」を利用したクアオルト体験を行い、里山里海を利用した健康づくりを実感した。併せて、血圧測定や脈拍モニタリング、唾液アミラーゼによるストレスチェックを行い、効果測定の方法にも触れた。

話題提供では、べジュール合同会社代表の足袋抜氏が、同社が大学と連携して実施したメンタルヘルスツーリズムプログラムの成果を紹介し、珠洲での農業や里山里海体験が抑うつ改善効果を持つことをエビデンスで示した。珠洲市地域おこし協力隊の佃氏は、珠洲市で取組まれているヘルスツーリズムを紹介し、地域の多様な資源を活用して観光誘客につながる魅力化が必要であることを述べたほか、単に身体的な健康だけでなく、楽しさや心地よさ、喜びや感動を通した、自分自身を見つめ直すためのヘルスツーリズムという特色を打ち出すことを提案した。

受講生のレポートから

午前中の講義と話題提供から、能登の里山里海と福祉分野の連携に、どのような可能性と課題を感じたか、あなたの考えをまとめて下さい。

 

午後の体験実習と話題提供から、能登の里山里海を生かしたヘルスツーリズム(観光)や地域住民の健康増進に、どのような可能性と課題を感じたか、あなたの考えをまとめて下さい。