このプログラムは国立大学法人金沢大学とパートナー自治体(石川県、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)によって実施されています

【1/20】実践から学ぶ:生産者と消費者が連携する農業のかたち(日米比較)

日時:2018年1月20日(土)
午前の部 9:30~12:45
午後の部 13:45~16:30

場所:金沢大学能登学舎

—–
午前(9:30~12:45)
「実践から学ぶ:生産者と消費者が連携する農業のかたち(日米比較)」

※テレビ会議方式および2か国語(逐次通訳)による講義です。

プログラム(敬称略):
9:30―9:35  概要説明(1) 北村健二(能登学舎)
9:35―9:50  概要説明(2) 吉田香蓮(5期受講生)
・米国中西部について
・米国側講師の紹介
9:50―10:50  講義「Woodchuck Community Farmの取り組み」(仮)
Kayla Pridmore and Christian Schultz(テレビ会議方式による講義)
10:50―11:00  休憩
11:00―11:50  講義「無農薬野菜市『ゑゝ市』の取り組み」(仮)
小林貴顕(「能登里山マイスター」4期修了生)
11:50―11:55  休憩
11:55―12:25  コメントおよび分析    渡辺キャロライン
12:25―12:45  全体討論

趣旨:
受講生自主提案企画第3弾となる本セッションでは、
小規模かつ持続可能な農業のありかたについて、
日米両国の実践例の比較によって探ります。

具体的には、米国中西部ミネソタ州ムーアヘッドで
地域支援型農業(Community-Supported Agriculture; CSA)
に取り組むWoodchuck Community Farmと、
能登で無農薬野菜を直売する「ゑゝ市」の概要を聞き、
事業展開において生産者が直面する課題、
地域や消費者との連携方法などについて学びます。

今回の講義や議論を通じて、
日米双方の取り組みに資する新たな発想を得るとともに、
将来の起業を希望する人や、持続可能な方法で栽培された
地元の農産物に関心を持つ消費者にとっても
参考になる内容とすることを目指します。

(参考)
Woodchuck Community Farm
http://www.woodchuckcommunityfarm.com/

無農薬野菜市「ゑゝ市」
https://a-ichi.jimdo.com/

—–
午後(13:45~16:30)

各種報告会(予備日)
・卒業課題研究(卒論)の中間報告
・GIAHS実習報告
・先進事例調査実習報告

報告会終了後

・卒論などに関する担任との打ち合わせや作業