このプログラムは国立大学法人金沢大学とパートナー自治体(石川県、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)によって実施されています

受講にあたってのQ&A

Q 受講の主なメリットは何でしょうか?

A 講義を通じて、能登の課題と可能性について理解を深めることができます。また、卒業課題研究を通じて、問題設定力、計画力、遂行力、プレゼンテーション力などが鍛えられます。さらに、様々な職種や価値観を持つ受講生や協力者と知り合い、人脈を広げることができます。

 

Q 費用はどのくらいかかりますか?

A 本科は2万円(教材費、認定証などの実費)を入学時にお支払いいただきます。また、通学や実習にかかる交通費、宿泊費は自己負担となります。

 

Q 卒業課題研究のテーマが決まっていません。大丈夫でしょうか?

A 入学時にテーマが未定でも、受講しながら興味・関心を広げ、担任教員と相談して決めていきます。約半数の受講生が入学後にテーマを見つけています。

 

Q 大学での研究や論文作成の経験がありませんが、受講できるでしょうか?

A 問題なく受講できます。卒業課題研究では、大部の論文を作成する必要はありません。報告会でのプレゼンテーションと、数ページの報告書などが修了の要件となります。受講期間を通じて担任教員がサポートします。

 

Q すべての講義に出席する必要がありますか?

A 実施コマ数の60%以上に出席し、課題レポートを提出することで単位を認定しています。出席率が基準に満たない場合、補講レポートを提出していただきます。

 

Q 携帯電話のメールしか送受信できません。受講に支障はありますか?

A 講義予定の連絡、レポートの提出卒業課題研究の指導などには、原則として電子メールを使用します。そのため、パソコンが利用できる環境を整えていただくのが望ましいです。

 

Q パソコンの技能は必要ですか?

A 資料作成用ソフト(パワーポイント、ワードなど)の基本スキルがあることが望ましいです。しかし、ある程度、担任教員の指導・サポートを受けることができます。

 

Q 1年間の講義スケジュールをあらかじめ教えてもらえますか?

A 入学ガイダンス時に講義日(基本的に第1・3土曜日を予定)とテーマをお知らせします。詳細については、外部講師の調整の都合上、講義日の約1ヶ月前に通知します。

 

Q 能登学舎までの交通手段にはどのようなものがありますか?

A 公共交通機関(電車・バス)はありますが、自家用車で通学する人がほとんどです。受講生同士で相乗りして通学する場合もあります。

 

Q 能登地域以外に住んでいますが、通学することは可能ですか?

A 例えば金沢市内に住んでいる方でも、自家用車で通学することは十分に可能です。


 

Q 子どもを同伴して通学できますか?

A 能登学舎に保育施設はありませんが、講義中にお子様が待機できる部屋があります。また、マイスター講座の修了生が主催する、子供向けの里山体験イベントが実施されます(不定期開催、別途実費が必要)。詳しくはお問い合わせください。

 

Q 能登学舎の近隣に昼食をとる場所はありますか?

A 能登学舎では、講義日に合わせて「里山里海食堂 へんざいもん」が営業し、地元の素材を使った家庭料理を提供します(一食700円)。コンビニは車で10分ほど離れた市内中心部にあります。