里山林の持続的管理法に関する国際スタディーツアーを開催

里山林の持続的管理法に関する国際スタディーツアーを開催

アメリカの樹木医、ウィリアム・ローガン博士の来日に際して、能登の里山林の持続的な管理方法について学ぶツアーが2017年6月に開催されました。

参加者は、奥能登の様々な森林や木材の活用現場を訪れ、世界農業遺産(GIAHS)に認定された能登の里山林の歴史や管理方法、そして関連する文化などについて講義や現地視察を通じて学びました。

詳しくはニュースレターをご覧ください。