研究部門の拠点施設

能登学舎

notogakusya

能登半島の先端部にある「能登学舎」は、金沢大学が珠洲市の協力を得て旧小泊小学校の校舎を借り受け、2006年にオープンした地域連携拠点です。

能登学舎では、能登の里山里海の研究や保全・啓蒙活動、都市農村交流、地域振興のためのリーダーの育成など、地域連携による様々な教育研究事業が実施されています。また、能登半島の先端という地の利を活かして、大陸からの飛来する黄砂を観測する日本有数の拠点「大気観測・能登スーパーサイト」としても整備されています。また、NPO法人「能登半島 おらっちゃの里山里海」の活動拠点としても利用されています。

アクセス 〒927-1467 石川県珠洲市三崎町小泊33-7

石川県珠洲市三崎町小泊33-7

 

珠洲サテライト

suzu_satellite

「珠洲サテライト」は、金沢大学が珠洲市の協力を得て、「すず市民交流センター」の3階を借り受け、2014年にオープンした地域連携と生涯学習の拠点です。

珠洲サテライトで実施される文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」では、金沢大学・小松サテライト(小松市)と遠隔地教育システムを通じて結び、市民公開講座のライブ中継を定期的に行っています。また、金沢大学による能登の教育研究拠点として学生・教員も利用しています。

アクセス 〒927-1215 石川県珠洲市上戸町北方1−9-2 すず市民交流センター
石川県珠洲市上戸町北方1−9-2

珠洲市役所向かいの建物です。