能登里山里海SDGsマイスタープログラム

2023年度 受講生募集(終了しました)

2023年度 受講生募集(終了しました)

今年度の募集は終了しました。2024年度の募集は4月頃募集開始の予定です。

金沢大学能登里山里海SDGsマイスタープログラムでは、世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」をはじめとする豊かな地域資源を活かし、能登を中心とした地方創生や地域活性化に向けた活動を実践できる知識・能力を有する人材の育成を目指します。
特に、能登地域は人口減少と高齢化が急速に進むなど、深刻な社会的課題に直面しています。こうした課題解決に正面から取り組み、自然環境や伝統文化と調和した能登ならではの持続可能な地域社会の創造に貢献しようとする、チャレンジ精神にあふれる方々の受講を歓迎いたします。
多くの方からの応募を心よりお待ちしています。

1.募集コースの概要

募集コースは「本科コース」のみとし、提供される講義科目等(実習・演習形式を含む)は単一ですが、到達目標及び成果物として求める内容、個別指導等の有無に応じ、「実践探求型」と「知識習得型」の2つのタイプ(型)に分けて募集します。

(1)本科コース(実践探求型)

能登の里山里海・SDGsに関する理解を深めるとともに、地域における課題を抽出・分析し、かつ課題解決に向けて、能登地域に軸足を置きながら、実践活動や探求活動を行った上で、成果として取りまとめる意欲・能力のある方を対象とします。
本コースでは、所定の講義等の受講のほか、各自の興味・関心に従い、以下のいずれかを目的とした研究テーマを設定し、「卒業課題研究」として取りまとめ、提出していただきます。

  • 現場での活動や実践を基盤とした地域社会の施策・取組等に関する実証的提案
  • 地域資源を活用した事業等の実行可能性や実現可能性に関する調査及び検証
  • 能登の里山里海を中心とした自然・文化や社会の持続可能性に関する学術的研究

なお、実践探求型を選択する受講生は、現地(能登地域)と密着した実践活動や探求活動を行っていただきます。

そのため、受講生一人ひとりに個別担任が付き、現地での活動等に際して個別指導を受けることができます。また事業化や構想の実現化に向けて、金沢大学先端科学・社会共創推進機構が有する幅広いネットワークを活かしたコーディネートやアドバイスを優先的に受けることができます。

また、研究内容に特に独創性や新規性があると金沢大学が認めた場合は、本人の希望に応じ、修了後に金沢大学先端科学・社会共創推進機構の研究員(学外)に委嘱され、より高度な研究活動を行うためのサポートを受けることができます。

● 募集定員:8程度

● 受講料 :50,000/1年間

※合格決定後、入講式までに指定の振込用紙を用いてお支払いいただきます。
※別途、実習旅費等の自己負担があります。(2万円を超えない程度)

● 出願資格:
原則として高等学校を卒業した者若しくはこれと同等以上の学力を有する者。修了後も能登地域との連携や、地域内での活動等の長期継続を期待する観点から、原則として2023年4月1日時点で年齢が49歳以下であること。
※未成年の者が受講しようとする場合は、親権者の同意が必要です。
※年齢制限を超える方は、まずは「9.問い合わせ先」までご相談ください。

(2)本科コース(知識習得型)

能登の里山里海・SDGsに関する理解を深めるとともに、能登地域における課題について学び、課題解決に向けて自分自身の思考や技能等を高める意欲・能力のある方を対象とします。
本コースでは、所定の講義等の受講のほか、各自の興味・関心に従い、自身の考察や、アイディア・企画などを「卒業レポート」として取りまとめ、提出していただきます。

なお、本コース受講生には個別担任は付きませんが、考察等をまとめていくにあたり、必要に応じてアドバイスを受けることができます。

● 募集定員:12程度

● 受講料 :30,000/1年間

※合格決定後、入講式までに指定の振込用紙を用いてお支払いいただきます。
※別途、実習旅費等の自己負担があります。(2万円を超えない程度)

● 出願資格:
原則として高等学校を卒業した者若しくはこれと同等以上の学力を有する者。修了後も能登地域との連携や、地域内での活動等の長期継続を期待する観点から、原則として2023年4月1日時点で年齢が49歳以下であること。

※未成年の者が受講しようとする場合は、親権者の同意が必要です。
※年齢制限を超える方は、まずは「9.問い合わせ先」までご相談ください。

 

なお、(1)本科コース(実践探求型)、(2)本科コース(知識習得型)とも、金沢大学の研究者等から学術的アドバイスを受けられるほか、本マイスタープログラムの修了生、能登地域の就農者・起業者、石川県や奥能登地域の自治体担当者、地元金融機関等から、移住や就業・起業等に関する助言や支援を随時受けることが可能です。
詳しくは「9.問い合わせ・書類提出先」の担当者までお気軽にお問い合わせください。

2.受講期間等

受講期間は、2023年6月から2024年3月までとし、各月の第1・3土曜日を基本とします。

【2023年度 講義予定日】(下線部は第1・3以外の土曜日の実施となります)

※講義日程や内容は変更となる可能性があります。

なお、各日の講義開始時間は9:30、講義終了時間は16:30を原則とします。ただし、一部の実習・演習形式の講義は、時間の延長や宿泊を伴う場合があります。

3.受講場所

金沢大学能登学舎(珠洲市三崎町小泊33-7)。

※一部の講義について、事前に予告した上で、別会場で開講することがあります。
※上記場所に集まらず、自宅等におけるオンライン講義の受講に切り替える場合があります。

4.応募締切

2023年5月27日(土)17:00【必着】 ※募集終了しました

※ただし受講者の選考を随時実施しておりますので、合格者が定員に達した場合、締め切り前であっても募集を打ち切らせていただくことがあります。

5.応募時提出書類

(1)履歴書

任意の様式でも可とします。ただし連絡がつきやすい電話番号及びメールアドレスを明記してください。

▶様式:履歴書および志願理由書

(2)志願理由書

「応募した動機や背景」および「本プログラム履修によって達成したい目標・将来像など」について、400字程度で簡潔にまとめて記述してください。

(3)卒業課題研究で取り組みたいテーマ【「実践探求型」のみ

自分自身の課題意識などを踏まえつつ、研究の目的や着想に至った背景・経緯、現時点で想定している具体的な研究方法などについて、800字程度で簡潔にまとめて記述してください。
※様式は任意ですが、必要があれば以下の様式をご使用ください。

様式:卒業課題研究で取り組みたいテーマ

6.提出方法

上記の「応募時提出書類」を、郵送またはメール添付にて、「9.問い合わせ・書類提出先」までご提出ください。または、下記の応募フォームから提出することもできます。

▶応募フォーム:リンク

提出書類に不備等がないか確認次第、受領のお知らせと面接試験のご案内をいたします。提出後1週間以上経っても受領連絡等がない場合は、お手数ですが個別にお問い合わせください。

7.選考方法

選考は、応募時に提出いただいた志願理由書の内容および面接審査により行います。提出書類確認後、随時、面接審査を実施しています(WEB面接による場合もあります)。

8.取得できる資格等

所定の単位を取得し、かつ卒業課題研究または卒業レポートの審査に合格した方には、金沢大学から修了証書の授与をもって「能登里山里海SDGsマイスター」の称号を認定します。
また、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」の修了証明が授与されます。

9.問い合わせ・書類提出先

〒927-1462 石川県珠洲市三崎町小泊33-7 金沢大学能登学舎
能登里山里海SDGsマイスタープログラム 受講生募集係(担当:岸岡)

Tel: 0768-88-2568 / Fax: 0768-88-2899  E-mail: t.kish@staff.kanazawa-u.ac.jp

募集説明会のご案内

プログラムについての説明会を以下の日程で開催いたします。受講に対する悩みがあれば、ぜひご利用ください。いずれの方法も下記の申込フォームにて申請が必要です。

  • 5月13日(土)10:00-11:00 オンライン説明会(Zoom)
  • 5月20日(土)14:00-15:00 オンライン説明会(Zoom)

オンライン説明会のお申込み:リンク

※上記の日程以外でも能登学舎では随時説明を行っています。希望される方は「9.問い合わせ・書類提出先」までお問い合わせください。