能登里山里海SDGsマイスタープログラム

能登里山里海SDGsマイスタープログラム 遠隔教育科

いまなぜ「能登の里山里海」なのか 

能登半島には里山と里海の豊かな景観があり、揚浜式製塩、炭やき、輪島塗などの伝統技術や、発酵食など独特な文化にも恵まれています。2011年には「能登の里山里海」が国連食糧農業機関(FAO)から世界農業遺産(GIAHS)の認定を受けました。しかし、能登半島は人口減少と高齢化が急速に進んでおり、厳しい現実に直面しています。

「能登里山里海マイスター」育成プログラムでは、能登の里山里海における、土地に根ざした人々の暮らし、伝統文化、自然、産業を広く学びます。能登の課題と可能性に関する学びを通じて、自然と共生した持続可能な社会のあり方について理解を深め、一人ひとりができることを考察します。