能登里山里海SDGsマイスタープログラム

マイスター関連講座

能登里山里海 創業塾ついて

2021年度 「能登里山里海 創業塾」は6月に募集が始める予定です。詳細は今後ご期待ください。

能登里山里海 創業塾とは?

「能登里山里海 創業塾」は、マイスタープログラムと興能信用金庫が共催する創業支援プログラムで、能登での創業(事業化)に必要な知識を全5回シリーズの講義で学びます。創業に必要な経営、財務、人材育成、販路拡大などの実践的な知識の習得をめざします。

主催:金沢大学 能登里山里海SDGsマイスタープログラム、興能信用金庫

創業塾受講のメリットとは?

特定創業支援とは、「特定創業支援事業」(「能登里山里海 創業塾」もその一つ)による支援を受けた人が、創業に関する様々なメリットを受けられる支援制度です。本塾は、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町での「特定創業支援事業」として認定されており、一定の要件を満たした方は、該当する市町で証明書の申請が可能です。

①株式会社等を設立する際の、登記にかかる登録免許税が軽減されます

(資本金の0.7%の登録免許税⇒0.35%に減免)

②創業支援資金の申し込み要件の緩和(事業開始6ヶ月前から利用の対象)

③創業前または創業後税務申告を2期を終えていない事業者に対する「新創業融資制度」(日本政策金融公庫)の利用にあたり、自己資金要件を充足する。

④日本政策金融公庫、新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ対象として、同資金を利用することが可能。

注)尚、支援措置には各種要件があるので各自治体または興能信金へご確認下さい。

特定創業支援事業のメリットを受けるためのステップ

①創業塾への参加、窓口相談などを4回以上かつ1か月以上継続し、4つの知識(経営・財務・販路開拓・人材育成)を習得

②上記の支援を受けたのちに、創業しようとする地域の各自治体(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)へ証明書の発行申請を行う(各自治体にお問い合わせ下さい)

③各自治体(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)より証明書が交付されます

④証明書を各機関(法務局・金融機関等)に提示し、メリットを受けます

(※金融機関での審査の結果、融資のご希望に添えない場合もあります。)