能登里山里海SDGsマイスタープログラム

マイスター関連講座

令和元年度 能登里山里海 創業塾(補講ページ)

このページは、令和元年度に里山里海創業塾を1回以上受講した方で、将来の創業を目指す方を対象に、欠席した回の補習のために講義動画を提供するものです。

必修の4回の講義を受講された方に対しては、聴講証明書を発行します。奥能登二市二町(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)の商工会議所等で開催される創業塾に参加されたことがある方は、出席要件に加えることができる場合がありますので、ご相談ください。

能登里山里海 創業塾とは?

「能登里山里海 創業塾」は、マイスタープログラムと興能信用金庫が共催する創業支援プログラムで、能登での創業(事業化)に必要な知識を全5回シリーズの講義で学びます。創業に必要な経営、財務、人材育成、販路拡大などの実践的な知識の習得をめざします。

主催:金沢大学 能登里山里海SDGsマイスタープログラム、興能信用金庫

補講レポートについて

下記動画リストより第1回のセミナーを除き、欠席した回の動画をすべて視聴し、「経営」「販路開拓」「財務」「人材育成」の各講義ごとに様式(こちらからダウンロード)に従ってレポート内容を記入し、下記までお送り下さい。

締め切り: 令和2年2月21日(金)まで

(レポート提出先)

meister@adm.kanazawa-u.ac.jp までレポートを添付ファイルにしてお送り下さい。メールによる送付が難しい場合は、FAXまたは郵送でも構いません。

令和元年度 講義ラインナップ

*講義動画をクリックすると、別サイト(Vimeo)に移行します。そこでパスワードの入力が求められますので、別途、講座申込者にお知らせするパスワードをご入力下さい。

第1回 創業支援セミナー 8月24日実施分

創業への興味関心を高めるために実施するセミナーです。本セミナーは「特定創業支援事業」聴講の証明書の発行要件にあたる必修科目ではありません。

「地域資源をいかし、まちの生態系を育てる」

講師:水上 和磨氏(株式会社まちあかり舎代表取締役)

― 講義動画

「製造業とデザイン業の次のあり方を目指して」

講師:金谷 勉氏(有限会社セメントプロデュースデザイン代表取締役社長)

― 講義動画

第2回 「経営」 9月14日(土)実施分 *必修

「失敗しない創業計画とは」

講師:遠田 幹雄氏(株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役、中小企業診断士)

― 講義動画

第3回 「販路開拓」9月28日(土)実施分 *必修

「売れる商品・サービスの作り方」

講師:半田 武志氏(亀戸はんだプランニング代表、中小企業診断士)

― 講義動画

第4回 「財務」 11月10日(日)実施分 *必修

「成功の可否はなぜ数字の理解にあるのか」

講師:佐々木経司氏(㈱迅技術経営 取締役、中小企業診断士)

― 講義動画

第5回 「人材育成」10月26日(土)実施分 *必修

「スムーズな創業に向けて」

講師:平野 貞幸氏(かが経営コンサルティング代表、中小企業診断士)

― 講義動画

創業塾受講のメリットとは?

特定創業支援とは、「特定創業支援事業」(「能登里山里海 創業塾」もその一つ)による支援を受けた人が、創業に関する様々なメリットを受けられる支援制度です。本塾は、輪島市、珠洲市、穴水町、能登町での「特定創業支援事業」として認定されており、一定の要件を満たした方は、該当する市町で証明書の申請が可能です。

①株式会社等を設立する際の、登記にかかる登録免許税が軽減されます

(資本金の0.7%の登録免許税⇒0.35%に減免)

②無担保、第三者保証人なしの創業関連信用保証枠が拡充されます

(1,000万円から1,500万円に)

③創業前または創業後税務申告を2期を終えていない事業者に対する「新創業融資制度」(日本政策金融公庫)の利用にあたり、自己資金要件を撤廃

特定創業支援事業のメリットを受けるためのステップ

①創業塾への参加、窓口相談などを4回以上かつ1か月以上継続し、4つの知識(経営・財務・販路開拓・人材育成)を習得

②上記の支援を受けたのちに、創業しようとする地域の各自治体(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)へ証明書の発行申請を行う(各自治体にお問い合わせ下さい)

③各自治体(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)より証明書が交付されます

④証明書を各機関(法務局・金融機関等)に提示し、メリットを受けます

(※金融機関での審査の結果、融資のご希望に添えない場合もあります。)