能登里山里海SDGsマイスタープログラム

スタッフ

スタッフ

 

教員

淑瑠 ラフマン(能登里山里海SDGs研究部門 特任助教)
2020年度より能登里山里海SDGsマイスタープログラムのプログラムマネージャー。研究分野は文化人類学(民族音楽学)。関心は文化の資源化。民族音楽における社会環境ついて研究を行っています。主に無形文化遺産保護について関心が高く、能登の無形文化遺産の実態の把握、保護及び地域活性化につながるような活動を展開している。
木下 靖子能登里山里海SDGs研究部門 特任助教)
専門は人類学、海洋・島嶼部の文化研究、里海をフィールドにした教育支援。これまで主に沖縄の南西諸島、南太平洋のバヌアツ共和国をフィールドに、自然利用の方法や、資源(食物)の分かち合いがどのようにおこなわれているか研究してきました。世界に共通する里山里海の文化について、能登里山里海SDGsマイスタープログラム、ARP(アクションリサーチプログラム)を通じてみなさんと共有し、活動のサポートをしたいと思います。

岸岡 智也(博士研究員)
専門は農村計画学。獣害対策を進める上での行政組織間の連携や、環境に配慮した農法の普及などについて研究してきました。聞き取り調査やアンケート調査による地域課題の把握などについてお手伝いできればと考えています。

松田 咲香
フリーランスのフォトグラファーとしても活動しています。自然が好きなので自然に関わる仕事をもっとしていきたいです。マイスターの修了生としてもみなさんのサポートをしていきたいと考えています。